フィットネスインストラクター ブログ フィットネスインストラクターになろう girlsfitness.jp

アニメアイコン2.gif  オーディション受けていますか?  
 一つのところに縛られないで色々経験しましょー   
     フィットネスのお仕事画像2.png
求人情報ロゴ.jpg ←←← セールやってるみたいです!

体からのメッセージに気づいてほしい

0

    「あ〜疲れた疲れた」と言いながら、

    早く犬の散歩に一緒に連れて行ってくれ、

    という82歳の私の母。

     

    そんなに疲れているのに、これから犬の散歩に一緒に行かれるの?

    1時間歩くかもよ、と聞く私。

     

     

    母はじっとしていることが出来ない人で、

    階段も登ったり降りたして毎日の掃除、洗濯干し、

    毎日きちんとしています。

     

     

    それと同時に不動産屋のお仕事もしていて、

    日中、お店には人が出たり入ったりしています。

    その日は出入りが多かったらしく、ずっと動いていて疲れたそうです。

     

    それなのに、夕方18時頃、早く犬の散歩へ行こう、って言います。

     

    ちょっとよく考えて!!

     

    母の性格は良く分かっています。

     

    なんでもいつも通りやらないとすまないタイプ、

    やろうと思ったら早くやらないと気が済まないタイプ。

     

    そのときの母は、

    仕事が忙しかったせいでイライラして交感神経が高ぶっているのが分かりました。

     

     

    ちょっとまって!!

    私は母に犬の散歩に行くのをやめるように言いました。

     

    今の母が欲しがっているものは「酸素」だということが分かったからです。

     

     

    母の体は、歩けば酸素が脳に行くことを知っているので、

    やることが沢山あって、もんもんと熱くなっている頭を、

    ヒートダウンするために、酸素が取り込める散歩に、早く行きたい!と無意識に感じたのでした。

     

     

    でも「いつの間にか骨折」もやっている82歳の母ですから、

    一日中体を動かしていたそのあとに、また1時間も歩いたら、

    体のエネルギーは無くなってしまいます。

     

    今日は行かない方がいいんじゃない?!

    それよりも今、お母さんに必要なのは呼吸だよ⤴

    と言って、教えてある「呼吸法」をゆっくりと

    椅子に座ってやるよう、勧めました。

     

     

    どうして、

     

    分からないもんかな〜

     

    自分の体が疲れているときに、

     

    更に歩く、ということが、

     

    82歳の体にダメージがいくこと、

     

    わからないかな〜、

     

     

    イライラしているときに必要なのは、

    酸素だって、ことに、無意識に

    母の体がそれを欲しがったことは

    すごいことだけど、

     

    体のケアをすることに脳みそが気が付かなかった、

     

    う〜ん、

     

    そういうもんかね、

     

     

    いつもいつも同じことを、

    淡々とこなしていく生活をしているのは、

    危険だね、

    いつも同じことをきちんとやることは良いことだ

    と頑なに信じている昔の人だけど、

     

     

    からだは変化しているもの、

     

    そして周りも変化しているもの。

     

    そこだよね!!

     

    変化にうまく乗れるといいね!!

     

    変化は毎日、毎時間、起こっているかもしれないよ⤴

     

    もっと若いうちからそうゆところに気が付くようにしていれば良かったかも。

     

     

    きっと母は、急に衰えてきた自分の体を感じて、

    歳を取って今までのことが出来なくなる自分が怖いんだよね

    それもある!!

     

    だから何が何でもいつもと同じことをやろうとしているのかもだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    FACEBOOKに一生懸命

    0

      遅らばせながら、FACEBOOKを今年からやり始めたわたしです。

       

      膝下美脚のトレーナーとしてのお仕事をFACEBOOKの方でやっています。

       

      こちらのブログにも、

      毎日見に来て下さる人がいるので、

      まだまだ投稿していきたいと思います。

      フィットネスインストラクターとしても

      これからますます繁盛していきますね!!

       

      https://www.facebook.com/lalahukuhagi

       

       

       

      ブログ村に参加しました!ポチっと一つして頂けると嬉しいですにほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ

       

       

       

              


      ポルドブラ

      0

        先日、「ポルドブラ」の指導者養成コースで学んできました。

         

        初めて私がポルドブラを知ったのはほんの数か月前、

        イントラのお友達がこんどポルドブラの養成行くんだ〜と言っていたので、

        ポルドブラとはなんぞや、とYouTube検索をし、

         

        映像を見た瞬間にその場でわたしが気に入ってしまったのでした。

         

        ポルドブラは下肢よりも上肢の動きが主で、

        肩甲骨・肩周りをほぐす動きをひたすらやるのです。

        45分間という時間帯でのクラスがほとんどで、1時間とかあまり長いことはやらないそうです。

        7つの基本の動きがあり、その7つの基本形を参加者が覚えたら、

        イントラが応用編を作り、基本形を基に好きに振りをつけてよいそうです。

         

        先生は竹ケ原さん!

        とても熱心に指導してくださり、イントラとしても尊敬できる先生です。

         

        ポルドブラ大好きになりました!

        はやくレッスンを持ちたいです!

         

         

         

             

         

         

        流れる動きでずっと踊ります。

         

         

         


        ヨガインストラクター急募は決まりました

        0

          レギュラーインストラクター2件、急募します!!

           

          エアロビクス初級1時間、つづけてピラティス1時間やって下さるかた

          月曜日10時〜11時、11時15分〜12時15分

          場所:東京都荒川区

          時給:4千500円くらい

          交通費:なし

          決まりました!!

           

           

          ヨガ初級1時間

          土曜日10時〜11時

          場所:東京都荒川区

          時給:4千円くらい

          交通費:なし

           

           

          ヨガ初級1時間

          月曜日19時〜20時

          場所:東京都荒川区

          時給:4千円くらい

          交通費:なし

           

           

          決まりました。ありがとうございます。

           

          ブログ村に参加しました!ポチっと一つして頂けると嬉しいですにほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ


          レンタルスタジオの選び方

          0

            フィットネスをするためのレンタルスタジオが見つかりませんか?

            東京都にはたくさん貸スタジオがありますが、ここならもっと素敵な場所が見つかるかも!!

             

            トレーニングが出来るレンタルスタジオもあります。

            わたしは1度、使ってみましたが予約の仕方もすべて二重丸でした。

             

            いろいろなレンタルスペースで画像撮りしています。レンタル選びが楽しいです。

             

            可愛いお部屋もいっぱい。

            レンタルスペースが集合しているサイト!

            ↓↓↓

            登録するだけでスタジオ代で使える2000ポイントもらえる

            スペースマーケット・レンタルスタジオ

             

             

            ブログ村に参加しました!ポチっと一つして頂けると嬉しいですにほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ


            高齢・膝痛・エアロビクス

            0

              どこのスポーツクラブでも、高齢の人がエアロビクスをしているのを見かけます。

               

              高齢の人たちがずっと何年もエアロのクラスに参加する理由は、

              高血圧だから痩せる必要があったり、

              運動不足だったり、

              筋力アップだけでなく脳トレにもなるからだったり様々だと思いますが、

              例えば70歳の人が初級のエアロビクスのクラスに参加するなら、

              週1回が限度ではないでしょうか。

               

               

              脚の動きを小さくしたり、手の振りをつけなかったりしながらやってゆけばいいと思うのですが、

              それでもエアロビクスの時間は足元にかかってくる圧はかなりのものだと思います。

               

               

              健康には30分くらいの軽いウォーキングを週に3回やる程度が一番良いと言われていますが、

              ほんとうにそちらのほうがいいと思います。

               

               

              高齢になると骨粗しょう症ぎみに誰でもなると言われ、

              骨に圧をかけすぎるのは本当に良くないこと、

              骨粗しょう症を更に悪化させてしまいます。

               

               

              高齢の人が、

              若い人達も参加しているようなエアロビクスのクラスに参加する場合は、

              初級クラスのレベルで週に一回くらいにしましょう。

              それ以上の参加はわたしはお勧めしません。

               

               

              今まで70歳ちかくの参加者が膝を痛めながら

              それでもエアロビクスをやっている人をたくさん見てきました。

              その人たちの膝がその10年後、どうなったのかは分かりません。

              一回膝を痛めてしまうと、

              若者でない限り本当の意味で完治はしないのが通常ではないでしょうか、

              その運動をやめない限りは。

               

               

              そんな時、できたら運動のまえと後に、オイルマッサージをお勧めします。

              若い人でも高齢の人でも、膝や脚のオイルマッサージ、

              それをやっておくとやらないとでは、脚を使った後の回復力が違います。

              足首や膝の怪我の予防にもなります。

              オイルは運動の直前じゃなくてもいいのです。

              運動をする前の晩、お風呂に入ったあとにオイルをすりこんでおく、

              そして運動した日の夜にまたオイルをすりこんでおく、

              (体が温かい方がいいです)

              たったのそれだけで長い目でみたら全然違ってくるでしょう。

               

              家にあるオリーブオイルや太白ごま油でも良いのですよ!

               

              ・・・

               

              スチームアイロンのお水のタンクに、

              白い石灰が溜まってそれで壊れちゃうということが、

              昔のアイロンはほとんどでしたが、

              水を高温で沸騰させたりしているポットも同じです、

              ポットの中に白い石灰がたまってしまい、

              それはクエン酸を使わないと落ちません。

               

              同じように考えてみて下さい、

              運動をして体が熱せられ酸素をたくさん取りこんだり筋肉を使って乳酸がでたときの

              毒素などが膝の関節・リンパにたまっていて、

              流さなかったために長い間に蓄積していって

              それで膝や足首の関節が動かなくなる。

              運動をしたあとにクエン酸を取る理由が分かります。

               

               

              クエン酸は内側からのアプローチですが、

              オイルマッサージは外側からのアプローチ、

              リアルに細胞の回復力を高めてくれるものです、

              3分後には細胞の中まで浸透しますから。

              (簡単にすりこんでおくだけでもいいのです)

               

               

              膝は体重を支えて歩くときの大切な関節です。

              数年後、自転車に乗らなければ遠くまで買い物に出られないようにならないためにも、

              運動量には気を付けましょうね!

               

               

              ブログ村に参加しました!ポチっと一つして頂けると嬉しいですにほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ

               


              若返り

              0

                一日に座っている時間が世界の中で一番長いのが日本だとかで、

                覚えていませんが何時間か座りっぱなしにしていると22分間寿命が縮まるとか、TVでやっていました。

                 

                 

                そうなのかな?別のことで回避できそうな気もするよね。

                なんか混乱しちゃうよね、、

                TVからの情報に振り回されないような自分を持っていないとだね、

                って旦那と言っていました。

                 

                先日の瞑想指導者養成コースでは先生が、

                瞑想家はもともとTVを見ない!って言っていました。

                いらない情報は先に排除し混乱や恐怖を受け付けないようにします。

                と、これはわたしの考えです、笑。

                でもそういうことだと思いますし、TVの中にあまり関心を持つことがないのでしょう。

                 

                 

                前にも書いた気がしますが、

                今の30代、40代は本当に若いと思います。

                わたしが20才のころの40歳といえばほんとうにもう見た目おじさんおばさんで、

                中年太りというのが定番でした。

                私はいま50代ですがわたしの周りを見てみても分かる通り、一代上の人たちが50歳だった時と比べると

                そのころの人たちよりも私たちは若いと思います。

                そして下へいってもその法則は成り立っているようです。

                 

                 

                 

                栄養かな〜、

                私の親は戦争で食べ物のない暮らや恐怖などを経験しているけど、

                今の30代の人の親は経験してないだろうし、

                子供のまた子供という風に繰り返されて、どんどん

                良い遺伝子が作られるようになっているのかしら。

                 

                エドガーケイシーも言っていて、健康とか頭が良いとかあらゆる面で、

                良い子を産みたいなら、まず親である人の体と、その心と精神面を整えておきなさい、

                母親だけじゃなく父親もと言っています。

                 

                 

                 

                そうそう!

                そうだね!

                 

                もうこれからは、

                 

                肉体のことだけやっていても、

                いい子は生れないね!!

                 

                 

                 

                ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  
                トップへ
                 

                 

                 

                追記

                その後また羽鳥さんの番組でやっていました。

                「今の10歳以下の子供たちの50%以上が、107歳まで生きる」そんな説があるらしい。

                 

                 

                 

                 


                18度で老けるの?

                0

                  先日、旦那がTVでやっていたって、環境温度が18度以下になると老けはじめる、って本当かなって思いました。

                  極寒なら分かるけど、老けるにしては18度は思ったより高い温度です。

                   

                   

                  でも分かる気がします。

                  私のように毛細血管が少ない人は手足が冷えやすいです。

                  冷えたらからだは体温を上げることを一番にやらなきゃいけないので、

                  ほかの部分に行くはずだった血液が、例えば顔のお肌の新陳代謝のために使われるはずだった血液が、

                  体温を温めるために使われ、結果顔に血液は届かず新陳代謝はうまく行われず、そして老ける。

                  こういうことなのかな。

                   

                   

                   

                  でも、18度とわね〜。

                   

                  だから今日はもうダウンジャケットです。

                  今年の冬は相変わらずマスクで顔を守り、首も守って、

                  冷え対策には気を付けていきたいと思います。

                  そういえば数週間前に受けた顔ヨガの養成講座で、

                  マスクの中で顔ヨガは出来ますからね!って先生がしきりに言っていました。

                  今年の冬はマスクの中で顔ヨガひらめきイイネ

                   

                   

                  この部屋の温度、いま何度だろう?と思って調べたらゆう★、15度でした〜ゆう★

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  笑いヨガを学ぶ

                  0

                    顔ヨガ指導者になるための講座へ出た次の週、今度は「笑いヨガ」を習いに行きました。

                     

                    ちょっと緩んで顔ヨガや笑いヨガ、

                    ここのところ路線がずれているように思えますが、

                    自分的にはこれらもわたしの肥やしになるものと思い、養成へと行ってきました。笑

                     

                    ほんとのところ、私はこれ以上、例えばヨガにしてもピラティスにしても、

                    ワンアップするほど自分を高めていくという部分での勉強はもういいかなと思いました。

                    知識や経験の継続という面でのお勉強はやっていきますが。

                    そしてあと新しく知りたいという分野は瞑想だけです。

                     

                     

                    再来週からは路線を戻して、「瞑想」が指導できるように習いにいきます。

                    瞑想指導者養成講座です。

                    その様子はまたお伝えしたいと思いますが、

                     

                     

                    笑いヨガも笑いヨガを指導できるリーダーとして登録してもらいました。

                    今度お遊びとして、笑いヨガや顔ヨガと普通のヨガを組み合わせたようなレッスンが出来たら面白いと思います。

                    笑いヨガ、これは殆どの人がみな、何それ、と言うと思いますが、

                    私はですね〜この笑いヨガが本当に最高、って思いました。

                     

                     

                    ・・・・・

                    笑いヨガは、笑いの健康体操です。

                    人は普通面白いことを見たり聞いたりして笑うと思いますが、

                    笑いヨガではそういった笑いを誘発させるようなものを使わずに行います。

                     

                    はじめは体操として笑いますが、みんなで笑っているうちにそのうちに笑いの伝染力が伝わり、

                    無理なく笑うようになります。

                     

                    笑いの健康体操と呼吸法を組み合わせて行うことから「笑いヨガ」と呼ばれています。

                    ヨガの呼吸法と同じく酸素を体いっぱいに取り込むので、心と体の健康が実感できます。

                     

                     

                    私たちの頭は面白いことがあって笑っても笑いの体操だと思って笑っても、どちらも区別がつきませんので、

                    身体に対する効果はどちらも一緒です。

                    気分に関係なく笑いの効果が得られるのか笑いヨガなのです。

                     

                     

                    笑いヨガは1995年。インドの医師マダンカタリアさんが考案し、

                    今では世界100か国以上の人々が実践しています。

                     

                    ・・・・

                     

                     

                    ここまでは笑いヨガとはどういうものか人に説明するときの文句で、リーダー養成で覚えさせられたものです。

                     

                     

                    笑いヨガは一回もやったことがなく私は良く知らないで養成へと行きましたがこれも直感でした。

                    自分がもっと笑顔になりたいとか、笑っている世界は心地よいんだろうなというのはずっとありました。

                    無理して何で笑わないといけないのかと思っていたつい数年前とは違って、この頃は、

                    笑っていたほうがやっぱり福が来るということに気が付いたからです。

                    でも実は笑いヨガは笑いたい人だけがやるものではなく、

                    体操だと思ってやることが一番いいのだと私は思いました。

                     

                     

                     

                    そのリーダー養成コースには笑顔が素敵な人も来ていました。

                    ご自身の笑顔が素敵なことを知っていてその笑顔を生かしたいと思って来ているんだなと思いました。

                    でも、そういうものではありませんでした。

                     

                    まず最初のリーダー養成コース初日、こんにちは、と部屋へ入っていったとき、

                    初めてお会いした笑いヨガの代表者が笑顔ではありませんでした。

                     

                    笑いヨガは本当に、体操なんです。

                     

                    でも私たちは体を動かして体操をするととっても気分が良くなります。

                    それと全く同じで、笑うことで横隔膜を動かす体操をし、結果、気分がとても良くなります。

                    人の頭はおかしくて笑った時と体操として笑った時の区別がつけられない、というのは全く本当でした。

                     

                     

                    今日は全然笑いたくない、絶対笑わない、と思いながらやりはじめても、

                    早いときで6分くらいで、さっきの下がったテンションが嘘のように明るくなります。

                    明るくなると自然に笑いも出てくるようです。

                     

                     

                    声を出すからなのかな〜?

                    それももちろんあるんだろうな〜と思います。

                    声を出した時の解放感です。

                     

                    でも別に張り上げたり大きな声を出すようにと努力するものではありません。

                    小さい声で全然OK。ただ横隔膜を使うことに意義があるからです。

                    そのことを代表はしきりに言っていました。

                    横隔膜を使うことが健康になることにつながる、横隔膜、横隔膜って。

                    ヨガでも横隔膜は太陽神経叢の辺りで第三チャクラ、エネルギーを司っているといいます。

                     

                     

                    本当にいいものを見つけた喜びでいっぱいです。

                    グループでやりますから数人の声が響きわたって、ポーズによってはキャッキャするようなどころはあります。

                    大人が騒いでいるのはけしからんと思うような人には入りずらいかもしれません。

                    でもそんな人に一番やってもらいたい笑いヨガ、心の固まりがほどけます!

                     

                     

                     

                    ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  

                    トップへ
                     

                     

                     

                     

                     


                    顔ヨガを学ぶ

                    0

                      顔ヨガを習いに行ってしまいました。

                       

                       

                      「顔ヨガ」がヨガなのか、って?

                      「顔ヨガ」で心身の統一が生まれるのかって?

                      いきなりつっこまれそうです。

                      事実つっこまれています。

                       

                       

                      顔ヨガは、呼吸を合わせるから「ヨガ」だと思います。

                      筋肉を伸ばしたり鍛えたりするからヨガだと思います。

                      顔が良くなれば心も落ち着くからヨガだと思います。

                      いちようね!!ちゅん

                       

                       

                      実際顔ヨガがヨガなのかは難しいですが、

                      楽しいものですよきゃvネコ

                       

                       

                      ヨガでライオンのポーズに勇ましい顔をつけて呼吸するのは昔からやっていたことだと思うのですが、

                      あんな感じでハタヨガのポーズに顔ヨガをつけることが出来ます。

                      例えばムンクのポーズという顔ヨガがあるのですが、ムンクの叫びの絵の人のような顔をするのですがでもあの手は付けません。

                      顔を正面に向けていなくても顎が上がっていないヨガのポーズならどのポーズでもムンクのポーズという顔ヨガをつけることが可能です。

                      例えばマッツエンドラのねじりでもヴィラバドラーサナ(戦士のポーズ)でも、

                      ヴリクシャ(木のポーズ)でも、クンバカーサナ(板のポーズ)でも、

                      鳩だって、そのヨガのポーズに(顎上げないようにして)ムンクの叫びの顔をつけることが出来ます。

                      ムンクのポーズ以外にも付けられるものはいっぱい。

                       

                       

                       

                      この顔ヨガ(またの名をフェイシャルヨガ)を初めて考案し作り上げた人は、

                      書店などの本にさかんに出ているほっぺが丸々として目力のあるあの人(間々田さん)のそのまた先生です。

                       

                      高津文美子という人がそうですがその弟さんがアメリカ留学へ行って帰ってきたときに

                      顔が違って見えるのは、日本語と英語ではしゃべったときの表情筋の使われ方が違うせいだ、

                      と気づき、自ら考えだしたということです。

                       

                      日本語を話しているときに使われる表情筋は20%

                      英語は6.70%

                      ドイツ語では80%

                       

                      顔のシワは欧米よりアジア人のほうが少ないと思いますが、

                      日本の場合特に湿度のおかげもあると思います。

                      しかし日本人の表情が乏しいと言われてしまうのは、

                      顔の表情筋を少ししか使っていないからなのでした。

                       

                       

                      私は自分のこともあり、このわたしの表情の乏しいのはなんとかならないものかと思って、

                      顔ヨガのTTに行ってきました。

                      (TTとは、ティーチャートレーニングのことです泣いている絵文字ではないです)

                       

                       

                      私自身がやりはじめたばかりで、これからというところですが、

                      今日いつもの仕事場の鏡をみたときに、(前回見たのは顔ヨガを習う前でした)

                      目の下のたるみが改善されているように見えました。

                      パンと張ったような感じです。

                       

                      でも本当にそうなのだと思います、だって四日間の間、目の筋トレをどれほどやったことか、笑。

                       

                       

                      そして顔ヨガのTT3日目が終わって家に帰ってきて、

                      一人しゃべっていた母が急に話を変えてわたしのことを「あんた今日、目を二重にしたでしょう」だって。

                      「してないよ、いつもと同じだよ」

                      「あ、画いているのか」と言ったのです。

                       

                      もう笑っちゃいました。え〜?

                      わたしはもともと奥二重ですが、目が大きくなったように見えたようです。

                      母は私が何をやってきたのかなんて理解していません。

                       

                       

                      それを聞いた時、思わず鏡を見に行ってしまいました。

                      朝の7時にいつも通りひいたアイラインが本当にまだ残っているのか確かめましたが、

                      その時夜の9時ですとっくにアイラインはなくなっていました。

                       

                      自分では分からないけどほかの人には分かるのかと思いました。

                       

                       

                      TTのとき、一緒に受講された私のお隣に座った女性は、

                      うちの娘25歳と同じくらいかなって思ったのですが、

                      なんと35歳ということで、彼女は3年くらいまえから書店の本で顔ヨガを実践していたそうです。

                      20代にしか見えませんよ!!

                      彼女の顔画像を許可とってありますので今度アップしますね笑!!

                       

                       

                      ブログ村に登録しました1クリックm(_ _)mよろしくお願いします。 にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ  
                      トップへ
                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/29PAGES | >>