アニメアイコン2.gif フィットネスインストラクターのお仕事は楽しいです。 人のお役に立つお仕事です。
フィットネスのお仕事画像2.png
ヨガマット画像2.jpg バランスボール2-2.jpg 求人情報ロゴ.jpg

レッスンで使えるトーク2

0
    スポーツクラブで行われるヨーガのレッスンなどでインストラクターは、
    沢山の言葉を使って、完成ポーズの時や、ポーズが終わって余韻を感じているときなどに、
    自分の身体に何が起きているのか調べるように誘導してあげれればよいかと思いますが、
     
    例えばレッスンの後半あたりでは参加者は心が深〜いところにあると思いますので、
    余計な事は聴きたくないと思う人もいるかと思われます。


    生徒は先生の言葉を聞きながら、自分の身体に意識を向けるということを、
    30分以上もやっていると、そちらの方の疲れもあって頭が休まらない可能性もあります。


    指導に熱が入って沢山説明を入れるのもとてもよい事ですが、説明は前半にもってきて、
    後半以降は音楽もゆったりとしたもの、もしくは音量を下げて、
    心と身体が十分に休めるようにしてあげましょう。


    レッスンで使えるトークです

    「ヨガ的生き方は、
    今以上に小食にして、身体を動かして、エネルギーを一瞬一瞬に出し切ること!
    なぜなら、残ったエネルギーは発散するために不平不満や病気のエネルギーになるから」

    これを云うのはレッスンの最後がいいですかね〜
    どうしてかというとそのあとに、

    「このあとエアロビクスのクラスがございますのでどうぞ運動も沢山して行って下さい」


    というように次のレッスンの宣伝もできます!^^

    でも実際にはヨガをやったあとは、気持が充実して満足感でいっぱいになっていますので、
    運動をしてもっとストレスを発散したいとは思わないのが通常だと思います。


    しかしスポーツクラブに通う人は、「運動」と「病気」の言葉がセットで出てくると、
    よく動き始めるのです!


    2012.7確認

    ぶろぐ村に参加しています。
    クリックよろしくお願いします。
      にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツインストラクターへ 人気ブログランキングへ

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック